台東区 東京

上野大佛および大仏山パゴダ|東叡山寛永寺(上野公園)の御朱印と見どころ

天台宗東叡山寛永寺について

江戸初期の寛永年間に、天台宗東叡山寛永寺の開山、慈眼大師天海大僧正(1536~1643)によって建立されました。
天海が明智光秀だったという番組が先日放送されていましたが、かなり真実味がありました。

天海の構想力と実行力は目を見張るものがあります。
上野の中に京の都を見て取ることができる、といわれているように、東の比叡山を意味する山号から「東叡山」、延暦寺の「延暦」というのは平安時代初頭、
桓武天皇の時代に使われた元号であり、寛永寺の「寛永」は、江戸時代の後水尾天皇、明正天皇、後光明天皇の時代の元号であり、江戸幕府将軍は徳川家光であった。
「比叡山 延暦寺」にならって「東叡山 寛永寺」命名されたものです。

上野公園が寛永寺の境内だった

上野公園は元々はほぼ全体が寛永寺の境内でした。その当時の様子を以下で説明しています。

上野公園には以下の天海僧正毛髪塔があります。

天海僧正毛髪塔

(てんかい、天文5年(1536年)? – 寛永20年10月2日(1643年11月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての天台宗の僧、大僧正。尊号は南光坊(なんこうぼう)、院号は智楽院(ちらくいん)、諡号は慈眼大師(じげんだいし)。
徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

上野大佛および大仏山パゴダ

寛永八年(1631)に越後国村上藩主が上野の自宅内に、釈迦如来像を造ったのが最初。
地震で倒壊、火災で損壊、1855(安政2)年の安政大地震で頭部が損壊。
関東大震災(大正12年)で被災し、頭部が落下。胴部以下も軍への金属供出で失われてお顔のみが残されました。
大仏殿の跡地にはパゴダ(ミャンマー様式の仏塔)が建立され、本尊として旧薬師堂本尊の薬師三尊像(中央に薬師如来、左側に月光菩薩、右側に日光菩薩)が祀られています。
上野観光連盟が上野公園の名所のひとつとするために昭和42年(1967年)に建設したものです。
元々大仏山と呼ばれてきたため大仏山パゴダと呼ばれるようになった。

 

上野大佛

「見立て」が多数存在します。冒頭の延暦寺に見立てた寛永寺もその1つ。

さて、上野大佛、これもまた「見立て」をキーワードに考えると、今はもう存在しませんが、京都の方広寺に鎮座していた京の大仏に「見立て」られたものだそうです。

京都の大仏も伏見地震、火災などで焼失して結果現在存在しておりません。

上野大佛も地震、火災などの災難に何度も見舞われています。結果、大正12年の関東大震災で、お顔が落ちてしまいました。

復元計画もありましたが、お顔だけが元の場所にお戻りになり、「これ以上落ちない合格大仏」として信仰を集めることになったとのこと。

 

上記内容は、以下の釈迦如来、大佛さまの「合格大仏」縁起記載内容を参照しております。

小高い山の上に上野大佛があります。通り沿いにこの大きな看板があるので見落とすことはないと思います。

 

笑みをたたえ、大きな鼻に、分厚い唇、親近感の湧く良い表情をされています。

 

大佛のお顔の下に、まだ坐像として健在だった頃の写真が残されています。

以下のような全体のお姿でした。高さは6m。上野の山にかなり目立つ存在だったことでしょうね。

後ろ姿の男性の背丈と比べるとその大きさが、よく分かります

 

大仏山パゴダ

パゴダの全景です。右側手前の小屋のような簡素な建物で、お守りなどが売られています。

ただし、御朱印はこちらでは拝受できません。清水観音堂で拝受になります。

開門時間は、コロナの影響で変化しますが、このときは朝10寺から午後の4時まででした。

パゴダの不思議な建物の感じが見ていただけると思います。

角度を変えて撮ったものです。撮影禁止なので撮影していませんが、赤い鉄の扉の中に薬師如来さまが鎮座されています。

中には入れませんので、扉の外からお参りになります。

 

御朱印

釈迦如来さま(上野大佛)、薬師如来さま(大仏山パゴダ)の2体分を清水観音堂で拝受可能です

 

アクセス

住所 : 東京都台東区4−8 上野公園

電話 : 03-3821-4749

地図

 

 

参詣の後にゆっくりと食事を

夏旅キャンペーン実施中!

ご覧いただきありがとうございます。感謝です。ついでにボタンも押していただけませんでしょうか?

-台東区, 東京
-, , ,